ブームとお茶とパンケーキ

Let's take in a health food

原材料から作ってみる

自然なものが原材料として作られる健康茶ですが、楽しみ方は人それぞれ違いますし飲み方もいろいろあると思います。
中には原材料を自分で取りに行って茶葉まで作って楽しんでいるような人もいます。
これは原材料が自然なものだからこそできる楽しみ方ですし、季節によって取れるものも違いますから春夏秋冬楽しむことができます。

登山する時や、ハイキング、散歩など自然に触れる機会がある時にはこういった楽しみ方もいいでしょう。
その際に注意しておいてほしいのが、山などに入る場合には長袖に底のしっかりした靴を用意することや防寒対策、安全対策をきちんとするよう心掛ける、という事です。

また、ゴミや排気ガスの多い街中ではなく、できるだけきれいな場所で採取するようにしてください。
さらに山に入る時は天気が変わりやすいので、天気予報をきちんと確認して天気の良い日に行くようにしましょう。
連絡手段として携帯電話などを必ず持参してください。

健康茶の原材料として最も適している時期は、野草であれば花の咲く前後、種子なら完熟する時期が良いと言われています。
ですから原材料の採取に適した時期を事前に調べておき、その時期に取りに行くといいでしょう。
特定の季節にしか取れない物等、その季節ごとのお茶を楽しむのも良いのではないでしょうか。

そして原材料を取ってきたら茶葉を作ります。
まずはしっかりと汚れを落としてください。
ここで気を付けて頂きたいポイントは、水洗いのみで石鹸や洗剤は使用しないという事です。
それが終わったら水分を取ってから蒸します。
蒸す時間は材料によって異なりますのでそのあたりもよく調べておきましょう。
そして蒸し終わったら乾燥させるために天日干し、もしくは影干しにします。
影干しする場合には風通しのいい場所を選んで干すようにしてください。

十分に乾燥したら細かく刻んで茶葉に仕上げていきます。
はさみなどを使うと細かく刻みやすいでしょう。
ここまで来たら出来上がりです。
健康茶によっては焙煎しなければならないものもありますから確認しておきましょう。
このように最初から最後まで自分でできてしまうのも健康茶の楽しみ方のひとつです。